lenovo_logo3

Lenovo Shoppingタイムセール~9/1、~9/8 利益率決定要因考

メール会員が対象です

メール会員登録直後から有効になるかは不明です。
増税前は、毎週末にタイムセールが行われる可能性が大きいです!

消費増税後に過剰在庫が発生していれば、12月までに在庫を縮小するために(キャッシュフローを悪化させないために)割引継続(または12月に例年以上に拡大)という可能性も考えられます。

ところでパソコンの利益率を決める最大の要因は何でしょうか

国産メーカーで利益率に責任を持っている方と話をしたことがあります。

「業界では周知のことです。
今やパソコンは、薄利多売をするコモディティー製品となっています。

それを見越してIBMは 、(高く売れる)大きな利益率を確保できている時点でパソコン事業をLenovo社に売却しました。IBMの会社の仕組みからは、Appleのようにコモディティー製品を販売する効率化された態勢が無かったからでしょうか。IBMの強みは法人顧客に対するリピートビジネスですから。2004年のことです。

20%を超えるシェアで、Lenovoは今や世界ではHPと1位を争って、Dellとは水をあけています。

コモディティー製品は、製品コストをこれ以上下げた上で、何らかの付加か価値を上乗せして利益率を向上させるには限界があります。

そうすると、少ない資本投下で、短期間の在庫で販売し、資本回転率を高めることが利益率向上に大きく寄与します。

前年モデル(それも多数のバリエーションがある)を大量に売り残すことが最悪です。製造コスト削減などは、一瞬で吹っ飛びます。」

これが勝敗を決めるのですね

SONYのVaioも日本産業パートナーズに譲渡されて、BtoB中心となりましたね。

現在の国内ビジネスノートパソコンのシェア(2018年末)は、

  1. Lenovo
  2. 富士通
  3. HP
  4. Dell
  5. 東芝
  6. Apple(Windows機から転換している大企業もあります)
  7. パナソニック
    (パナソニックの技術者さんご自慢のPCだけあって頻繁に見ます。タッチパットを除いては非常に良かったです。30万円しますが堅牢性の高さは凄そうですが以外と上位では無いみたいです)

 ThinkPad X1 Carbon購入法 も参考にどうぞ 

>いつも訪問いただいてありがとうございます

いつも訪問いただいてありがとうございます


ビジネス・パースン、学生の方々を応援します

グローバル環境を生き抜く方々の将来のための今を応援します。
日本を学び海外を知って、
自分の生活、職業、人生を豊かにするための知恵を高めたいです。

CTR IMG