file_icon

社内資料、綺麗なだけのPowerPoint、Excel 害じゃないですか?

Long Long Time Ago….

PowerPointやExcelが社内で多用されはじめた頃、社内部門の方々は、社内Excecutive向けのPresentation資料を綺麗に作り上げることに邁進していました。直接現場で働けない方の性でしょうか?

基本的には現在も変わっていません。

その当時、資料を見た英語しかしゃべらないExcecutiveは、
「これほどの資料を作成作るのにどれだけの時間を費やしているのか。売上・利益を得るための現場の仕事にどれだけ貢献しているのか考えてのことか。」

ということで

きれいな社内資料を作るなとお達しが出ました

それでも、人は懲りないものです。
「他の社員よりも少しでも良いものを作りたい」
という渇望は断ち切れません。

どうせ、美しくつくったって、大して現場を知らない評論家の「達成度」「見込み」資料は必要ですが内容が乏しいです。

だったら、美しい必要は無いでしょ。

一目でわかる、一ページでのまとめ方はどのような役割の人にでも重要です。
それができないと他人の時間を奪うことになります。
会議に参加している人々全員の時間も奪います。

それでもきれいで無くともいいんです。

きれいにするのは最後の完成度20%をさらに高めること

フォントの大きさ、色使い、図形の整列、左寄せ、図形の3D印影、こり始めたら切りがありません。

きれいな資料は、「売り物」です

お客様用に提出する資料で思う存分きれいにしましょう。

悲しいかな、

社内部門でも、完成度7割(必要事項は記載済み)では“納得できない”自分

と、決別しましょう。
売上・利益につながる仕事に振り向けましょう。

ぽっと出のお言葉「働き方改革」が笑っています

だれも、費用対効果を考えなければ、生産性向上なんて無理です。
時間内残業範囲を厳守。

でも自宅に帰って、きれいに作りたい。

強迫観念です。

もっと他にやることあります

7割の完成度の資料を作れたらば、それで良いではありませんか。
それが出来るからこそ「働き方改革」なのですから。

自宅に帰れたらば、他にやることあるはずです。

将来のために
自分の価値を高めること、自分磨きも重要です

そうしないと自己投資なんてできません。
やりたい仕事もできません。

「この会社、ブラック」

なんて愚痴聞きたくないです。

半分はあなた自身の責任だと思って下さい。
そうお考えならば、自己投資・自分磨きをしてさっさと他部門に異動するかキャリアアップ転職をしましょう。

>いつも訪問いただいてありがとうございます

いつも訪問いただいてありがとうございます


ビジネス・パースン、学生の方々を応援します

グローバル環境を生き抜く方々の将来のための今を応援します。
日本を学び海外を知って、
自分の生活、職業、人生を豊かにするための知恵を高めたいです。

CTR IMG