disconfort

「わたし、自宅で仕上げます」

目次

働き方改革を生き抜くサバイバル方法


あなたにとって、働き方改革は大きく負荷を高めるのになるでしょう。
その中を生きぬき、

Σ (年俸 ✕ 就業可能年数) を最大化する手段

つまり、

「毎年いただく年俸を、就業年数で合計した面積を最大化する手段」

を、地蔵がこれまで過酷な環境のもとを生き延びてきた経験を交えてお話しさせて下さい。

働き方改革、
在宅勤務でさらに疲労がたまる不思議

通勤電車
目の疲れ
働き方改革
パソコン_コーヒーブレイク
疲れた女性社員
肩こり_モノクロ

なぜでしょう?


理由:
働き方改革では
優秀な人ほど働かなければならないからです

もし
「より少ない(建前)労働時間内で」、
「より生産性を高める」
魔法があれば教えて下さい。みんなで楽に暮らせます。

働き方改革は止められず、なぜか自宅で働くスタイルが当たり前となってしまい疲弊してしまう
先進技術に追いつく勉強をし続けなければ、年俸も上昇しないし、キャリアアップ転職も難しい

少子高齢化・労働人口減少社会のSustainabilityを保つためには優秀な人の労働が今まで以上に必要で取り合いとなります。

市場の流動化はますます進みます。
その中で、成功をしてきた人を多数見てきました (その逆も) 。

そして働き方改革は、後述のようにより厳しい業務状況をもたらします。
従来通りの通常業務だけでは、企業沈没、日本経済沈没なのです。

業務自動化のためのRPA、競争優位に立つための機械学習等AIの活用、IoTを利用したサービス向上・コスト低減のためには何らかの知識が必要です。

JPモルガンだって、予測不能なトランプさんのつぶやきをAIで処理して、経済波及効果を分析しています。それを企画できる人、実践できる人は一般企業でも転職先でも求められています。

実作業は外部に頼む場合であったとしても、最低限の要件を伝える知識でも、勉強に勉強を重ねて身に付けなければなりません。他社もやっているのですから。そのために帰宅後宿題をして、週末学校に行っている人は少なくない時代です。これは、今わたしたちが第4次産業革命のさなかに生きているからです。

日本人全員が楽をして、日本経済の凋落を食い止めることはできません

100年続くGlobal企業の文系出身企画担当者でも、線形代数・統計・プログラミングとかを勉強して、マーケティングのためにAIによるビックデータ分析で何をしてもらうかを他人に伝えるために必死に勉強していらっしゃいます。

変化に対応できるからこそ、企業や国家は100年を超えて生き残ることができるわけです。

その変化は、社員にも求められます。
厳しいですが、対応できなければ企業・国家が生き残るためにその職の役割交代を求められるだけです。

夢と希望を奪う話をしてしまいました

でも、もう一度考えてみましょう。

仕事は大変だからお給料をいただけるのです。

楽しいだけならば、ディズニーリゾートのワンデーパスポートを
  お金を払って
買わなければなりません。

在宅勤務(リモートワーク、テレワーク)で楽がでない理由

在宅勤務のインフラが整うと、 多くの場合このようになります

良い点:
・ 台風で鉄道止まった日、出社は2~3割の社員だけ、「これない人は自宅で勤務して下さい」と連絡。
・ お子様のお迎えがある社員、延長保育の自国に帰宅し、添い寝をしながら21:00に就寝。午前3:00前に起床して、前日期限の仕事をしてからメールの返信・発信処理開始。時差のある国の生活が可能。

覚悟すべき点:
・ 往復の通勤時間 → 業務時間
・ 出社している時以上に、離れているからこそ、メールやチャットの嵐
・ 昼休み時間 → 食事も忘れて業務
・ 仕事の完了基準はあるけれど、つい完成度を追いかけてしまうので退社時刻のない業務
・ 終電時刻を意識しない深夜のメール対応
・ 深夜に送信した返信メールに、再び返信受信の悪循環
・ これに、時差のある海外との電話会議やメール対応が加わるかもしれません


こんな実例があります

事例:2000年以前から在宅勤務環境が提供されていた地蔵の生活時間

通常勤務日でも、

・ 帰宅後に、在宅勤務環境で出来る事がほとんどなので、どうせ急ぎの仕事は自宅でもしているという暗黙の了解が形成されてしまいます。

・ 結果として、徹夜をしなくとも下記の時間は “業務可能” となり、当日中に処理すべき仕事は遅滞無くこなすことがあたりまえとなります。
……………………………………………………………………………..
(1)通常勤務日 業務時間モデル:
24時間 - (睡眠(5~6時間)+ 風呂・食事(0.5時間)) + 往復通勤(2時間+)) = 16時間(実質業務)
……………………………………………………………………………..
(2)在宅勤務日  業務時間モデル :
通常勤務日 + 往復通勤時間 = 18時間 (実質業務)
……………………………………………………………………………..

今後、会社からは 建前時刻 で退社となります。
残りの業務は自宅です。

この業務環境、 あなた個人で改善できますか?

日本人としての文化を背負っていることが前提です。
改革・変革するだけで疲れるでしょう。

地蔵の場合は、毎年悪化していきました。

この体の疲れ、継続 した事後治療が必要となりました

肩こり_男性

地蔵は、首、肩、背中の肩甲骨の横が痛くなった頃から、随所の駅ビルにある 1,000円/10分 マッサージ店回数券を毎月買っていました。

効果が継続するのは、当日止まりでした。

マッサージ_肩

総合病院でMRIも撮影しました。
病院では、(一旦回復するために)筋弛緩剤を大量に処方していただきました。
効果は感じませんでした。その替わり眠くなりましたが

緊張した筋肉が神経を圧迫する
 → 圧迫された神経が周囲の筋肉に刺激を与える
 → 刺激を与えられた筋肉は再度神経を圧迫する
というマイナススパイラルを断ち切る目的だそうです。

後になって、「これは典型的な事後治療」と気付きました。

医師2

だいたい二年ごとに、左手の握力が半分になってしまっていました。
ペインクリニックで神経の深さまで麻酔薬を注射する治療を受けていました。
握力計で測定する握力は回復しました。

それでも、一日18時間机に向かうことは珍しくなく、気付いたらば週に2日、朝まで仕事をしているようなこともありました。

腰痛持ちになってしまったらばこれすら出来なくなる状態だったと思います。

打開策! 予防治療は事後治療より本質的

マッサージ店の回数券は、毎月買い続けなければなりません。

一流メーカーとして安心できるパナソニックのマッサージチェアの実売価格は20~50万円以上します。

これは、予防治療さえ出来れば原因を取り除けるので不要になります。

そこで、先手必勝!

(既に後手でしたが)

この疲れ、
首・肩・背中の痛みを予防治療してくれる
本物の椅子を購入しました

自己投資です!

ついに、この椅子を業務でも使用しているお客様から背中を押していただき、アーロンチェアを購入しました!

2007年頃です。定評の高い日本販売代理店の庄文堂から通販での購入です。

12年保証が付いているくらいなので、年間コスト換算はお釣りが来るほど安いと思いました。

フル装備モデルで非の打ち所はなかったのです。でも欲が出て少し高いグレードを選びました。

フル装備モデルで非の打ち所はなかったのです。でも欲が出て少し高いグレードを選びました。
未だにお世話になっています。メッシュも含めへたりは無いです。買い換えの理由は全くございません。

実際とっくに12年以上は使用していますので、(元取れています)

年間コスト 約12,000円、懇親会 年間2回分程度でしょう

赤いばら 
これで、自宅での仕事が とても快適になりました!


1994年から 四半世紀にわたり、成功した人の椅子としての評価だから信頼できました!

実用本位で評価されてきています。

2017年 さらに傑作のリマスターを出荷だから安心して選べます!

それが、アーロンチェア リマスタード(Aeron Chair Remastered) です。

いったいどんな人が使っているのでしょうか

海外の映画では、

頻繁に登場します。

CIA、FBIやNSA( 国家安全保障局 )のデスク・会議室、実業家の椅子の小道具として。
海外の口コミを見ると別の場所に2個持ちの方もちらほらお見受けします。



日本では、

外資系コンサルティング会社のフリーアドレス制のフロアに全てアーロンチェアが並びます
外資系金融機関のトレーディングルームも全てアーロンチェア。
目の前には、4画面~6画面のモニターが並びます。こっそり聞けば、30歳で年俸2,000万円。それだけ利益を生むんでしょうね。
(どうやって全部を見るのだろう?)
外資系投資銀行、フロアや会議室に数十席単位で導入済み。



身近な個人でも、
午前三時に起床して自宅でも仕事をしている有名国立大学工学博士。
常に肩の痛みを覚えていた頃に、血栓ができて緊急搬送後、アーロンチェアを購入。
地域のお医者様達が家族ぐるみで受診している内科開業医の先生。
インフルエンザの時期には、感染予防ゴーグルをすると共に、アーロンチェアにも座られています。
「それアーロンチェアですね」「体が資本ですから」と素っ気ないお返事。
何かと相談を受ける社会人2年目コンサルタント。
在宅勤務週2回、間に合わなくて自宅で徹夜は週1程度。
「ブラック企業だから転職したい!」
お勧めしたらば翌週にはアーロンチェアを購入しました。

 

「同時期にオフィスチェア選びをしていた女性上司は、わたしのよりすこし値段の安いオカムラ製にしたそうです。」
        「自分の椅子は、黙っておきなさい」

 




ごめんなさい キャッシュフローに余裕がない方、
無理せずもう少しがまんして下さい

国産メーカのものと違い、世界100カ国以上で愛用されている傑作モデルは無くなりません。

投資なのでリターンと 優先順位を分析する必要があります(投資対効果)。
(この際、消費増税は忘れておきましょう)

時期が来るまでは、若さ、ストレッチや、30分間以上湯船につかるという代替手段も回復の選択肢です。キーボードとモニターは必ず正面に据えて使用するというのも椅子選び以前の鉄則です。

計画的に資金を作って下さい。

それでもやっぱり、
「どうしてもっと早く購入しなかったのかを悔やんでいます」という口コミが多いのも事実です。



まとめ               

(1) 本当に働き方改革での生産性向上の仕組み作りをする事自体、通常業務に大きく負荷が加算されます。

(2) 生産性を上げ ✕ 長時間働く = より多くの業務量
    が実現します。
    夢に描くような働き方改革が実現するまでは、
    このように対応しなければならないでしょう。


(3) 改革がいつ成果を出すのかわかりませんが、
    高負荷の業務量を集中してこなしていると、
    人間は耐えられないのは明白です。
    どこかで不調が現れます。

 

(4) 改革・自動化で生産性が向上してコスト削減が可能ならば
    10年前に完了しています。
    毎週金曜日に徹夜もしながらAIの勉強を続けましたが、
    巨大なAmazonでは業務に使えても、
    通常業務を全て替えるのはコストと時間がかかります。
    仕事はすぐに改革されることはありません。
    だから人間が対応しているんです。

(5) 無理矢理簡易自動化する時でも、多くの場合修正は人の仕事です。
    だから、楽になることはありません。

効果:

(1)働き方改革を15年以上先取りした環境で、避けることのできない、職場と自宅での長時間のパソコン作業に耐え抜くことができました。

(2)デスクワークは可能な限り、アーロンチェアが使える在宅勤務環境である自宅へとシフトしました。

(3)首筋(特に左首・左肩) 肩 背中(肩甲骨のよこあたり)の痛みが徐々に軽減していきました。

(4)(自分も購入した)購入推薦日本正規代理店は、販売の歴史が長く、サポートがしっかりして、今後も末永くお付き合いできると考えられる「庄文堂」(下記リンク先で紹介)さんです。
多くのモデルに対して在庫切れがほとんど無いことから多数の販売実績があることも推察できます。
さらに、「ガク割」を行っている唯一の余裕のある販売店さんです。

(5)庄文堂さんのおかげで椅子が家に届いて以来、今月も徹夜で体が硬くなりはしましたが、腰を痛めるまでには至りませんでした。感謝しております。

職場で期待に応えて褒められたとしても、体は正直に不調を訴えます。

 

自分の体を守るのはあなたしかいらっしゃいません。

 


早く快適になりたい方は
下のボタンを押してみてください


シェア
いいね
良ければクリックお願いします!
>いつも訪問いただいてありがとうございます

いつも訪問いただいてありがとうございます


ビジネス・パースン、学生の方々を応援します

グローバル環境を生き抜く方々の将来のための今を応援します。
日本を学び海外を知って、
自分の生活、職業、人生を豊かにするための知恵を高めたいです。

CTR IMG