Newsweek Cheapest Subscribe Method

【2019年】Newsweek英語版をデジタルで最も安く読む方法

【2019年】Newsweek英語版 最安値購読法

Newsweek Cheapest Subscribe Method

インプットが重要です。
とにかく読まなければ書けるようになりません。

Newsweekに登場する文章は難解な文章ではありません。
ただし、語彙に関しては、その時勢を反映したインテリジェンス溢れる執筆記者の教養を表す語彙です。この語彙は、昔ながらの日本の英語教育でも決しておろそかにはしていませんでしたが、その後の「会話」に偏重した英語教育の中では登場しなくなってしまった語彙も多いです。

業務の英語には、このような語彙も登場します。理由は、教養ある社員や取引先が同様の語彙を多用するからです。

業務で使う英語力の基礎も、語彙力、フレーズ力、文脈構築力等、先ずは読むことからです。

そして、書けなかれば、話せません。
話せなければ聞き取れません。

そこで、毎日英文を読み続けるための

Newsweek英語版 最安値購読法です

その前に、Newsweek英語版は面白くて英語学習にも役に立ってしまう理由

米国が世界のお手本だと盲信はしていませんが、少なくとも(規制のある)日本の外から発信できるメディアを読むことは貴重です。

米国を代表するとってもまじめな週刊誌。面白いからこそお勧めしたいんです。

・ ビジネスパーソン:  とっても多岐にわたる分野を選択して、日々のトレンドを追うことが出来る

・ 高校生: トレンドを反映した文章が出題されることも多い(出題担当になった問題作成者の頭の中の文章は現代のトレンドです)。受験問題集には現代のトレンドを反映した問題は掲載されていません

面白くなくては、無駄になり浪費です

日本のメディアに乏しい、Global視点が満載。
世界情勢の裏を知った記者が、記事を書きます。
Newsweek以外にも海外メディアは報道の深さが違います。被害日本大震災での

報道も、現地の本当の事情・写真をそのまま衝撃的事実として報道したのは海外メディアでした。
日本のメディアだけを購読することが、いかに偏りを有無かがわかります。

Newsweek英語版の歩き方

日経新聞を読む時だって同じです。

興味のある記事から優先的につまみ食い。
理解できる、わかりやすい文章から読んでいけば慣れます。

購読に必要な英語力

とりあえずTOEICで、そもそも物指しとなるものがない

地蔵の英語力もあまりないので語るのは難しいです。

地蔵が20年前に受験したっきりのTOEICのスコアは785でした。
そのころ勤務先で「管理職昇任条件のひとつがTOEICスコア730」だったので、受験はそれきりです。

入社時のスコアは370。ということは高校生時代300くらい?
本当に興味がある記事に絞って、辞書を引き引き懸命に読みました。それでも面白かったからです。

さて、スコア730を超えていれば、自分の興味がある分野の記事ならば流し読みができます。
読むスピードは和文の2~3割増しでしょうか。
気になった単語は辞書で確認するという読み方ができます。

この時代、紙媒体の位置づけ

紙媒体は複数人で読む時には未だに価値はあるでしょう。
しかし、なんといっても場所を取るし検索もできません。

メリットは、寝っ転がって読む時の軽さでしょうか。

Newsweek日本語版は無料で読める

Newsweek日本語版に関しては、Amazon Kindle unlimitedの契約をしていれば無料で読めます。
Newsweek日本語 Kindle版を 2週分を読むだけで、Amazon Kindle unlimitedの元は取れてしまうでしょう。

ただし、U.S.Editionとな内容が異なります。
日本独自の内容を付加しているから日本語版が成り立っています。

ここで注意点。コストをかけずに固定レイアウトなので、割り切って読む必要はあります。

どこでもNewsweek英語版を読むには

やはりデジタル版しかありません。

紙版のNewsweek英語版に比べても圧倒的に安く読むことができます。

Newsweek英語版購読時のコストを、Print版・Digital版で比較しました

割引率:表の中の直近の赤字で湿された基準価格に対する割引率を示しました
最安コスト;Print版・Digital版の中での最安コストを示しました

Newsweek US Edition Subscription Fee comparison2019

※ Newsweek電子版の定期購読価格は、配付業者(iTunes経由か等)、また契約時期により改訂があります。2016年9月にはNewsweek Web版の年間購読料金は34.99 USDでした。
都度ご確認下さい。

【No.1】
iPhoneアプリで読むのが最安です。缶コーヒーすら買えない値段です
目が疲れなければiPhoneアプリで十分です
Web版で契約すると、なんたって大画面で読めます
Web版で契約しても、iPad、iPhoneのSafariやChromeで普通に読めます
iPhoneで読む時にも、iPhoneアプリと同様なフォーマットで読めます
 
 
 
シェア
いいね
良ければクリックお願いします!
>いつも訪問いただいてありがとうございます

いつも訪問いただいてありがとうございます


ビジネス・パースン、学生の方々を応援します

グローバル環境を生き抜く方々の将来のための今を応援します。
日本を学び海外を知って、
自分の生活、職業、人生を豊かにするための知恵を高めたいです。

CTR IMG